社員研修の効果が出ないのは前後に問題があり

現代の社員研修に求められているのは充実度の高い研修の実地であり、さらに短期間で結果を出さないとなりません。
大きな企業になるほど専門で教育担当となる人材がいますが、頭が痛いのは何よりも、研修をしているのに目に見えた効果を感じられない時です。
最も重要視されるのは社員研修のプログラムですが、実はそれだけでは不足だと言えます。
研修全体に与える研修自体の内容の影響は、数字で言えばほんの20%と少ないものであり、なぜ効果が見られないかは、研修を行う前と後に課題があるためです。
ひとつは研修を受ける受講者が何も準備をしていないこと、研修への準備不足は効果をおおきくすることがありません。
さらにしっかりと研修を受けたにもかかわらず、活用の環境が問題になることもあるので、研修をしてからのしっかりとしたフォローがなくては、研修は活かされることがありません。
効果が出ないのは研修前後の不足に原因があり、研修に対しての理解を持つことと、教育体系をもっとわかりやすく明確化させることは必要です。